プロフィール

赤池 学(あかいけ・まなぶ)

ユニバーサルデザイン総合研究所所長、
科学技術ジャーナリスト

1958年東京都生まれ。1981年筑波大学生物学類卒業。
社会システムデザインを行うシンクタンクを経営し、ソーシャルイノベーションを促す、環境・福祉対応の商品・施設・地域開発を手がける。「生命地域主義」「千年持続学」「自然に学ぶものづくり」を提唱し、地域の資源、技術、人材を活用した数多くのものづくりプロジェクトにも参画。科学技術ジャーナリストとして、製造業技術、科学哲学分野を中心とした執筆、評論、講演活動にも取り組み、2011年より(社)環境共創イニシアチブの代表理事も務める。グッドデザイン賞金賞、JAPAN SHOP SYSTEM AWARD最優秀賞、KU/KAN賞2011など、産業デザインの分野で数多くの顕彰を受けている。

赤池 学(あかいけ・まなぶ)

受賞

持続可能な地域開発の啓蒙と実践で、2002年度日本感性工学会学会賞を受賞

科学技術の積極的な啓蒙活動で、2003年度社会文化功労賞を受賞

主な活動

経済産業省産業構造審議会研究開発小委員会委員

文部科学省革新技術審査委員会審査委員

農林水産省バイオマス・ニッポン総合戦略推進委員

武蔵野美術大学デザイン情報学科講師

早稲田大学環境総合研究センター客員教員

北九州市環境首都リサーチセンター主任研究員

日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞審査委員

キッズデザイン協議会キッズデザイン賞審査委員長

主な著書

『昆虫力』(小学館)

『昆虫がヒトを救う』(宝島社新書)

『自然に学ぶものづくり』(東洋経済新報社)

『ニッポンテクノロジー』(丸善)

『新製造業サバイバル論』(ウエッジ)

『ブラインドテストNo.1』(ダイヤモンド社)

『カタツムリが、おしえてくれる!』(ダイヤモンド社)

『あっ!!その手があったかモノづくり』(ウエッジ)

『ほんとうのたべものを求めて』(日経BP社)

『匠のたくらみが町工場も日本もアジアも救うんです』(ウエッジ)

『日本のものづくりはいつの時代も世界のお手本なんです』(ウエッジ)

『ローテクの最先端は実はハイテクよりずっとスゴイんです』(ウエッジ)

『トヨタを知るということ』(講談社)

『ものづくりの方舟』(講談社)

『日本のマンションにひそむ史上最大のミステーク』(阪急コミュニケーションズ)

『温もりの選択〜このエネルギー革命が地球を救う』(阪急コミュニケーションズ)

『世界でいちばん住みたい家』(阪急コミュニケーションズ)

『メルセデス・ベンツに乗るということ』(阪急コミュニケーションズ)

とじる